競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【阪神大賞典2019】週中予想考察。注目馬・穴馬・好走条件は?

阪神大賞典2019予想考察です。

阪神芝3000mで行われるGⅡ阪神大賞典2019

今年はシャケトラ・リッジマンあたりが人気の中心になるでしょうか。

天皇賞(春)へ向けた重要なステップレースとなる阪神大賞典。

ここから春のGⅠ戦線で活躍する馬が出て来るのかどうか。

注目の集まる重賞になりますね。

PR

競馬予想情報サイト ACTIVE(アクティブ)

今日は競馬情報予想サイトACTIVE(アクティブ)のご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

週中から週末の出走馬の情報を得ておられており、注目馬をピックアップされています。

登録だけなら無料なので、まずは無料情報の充実度を実感いただければと思います。

登録はこちらからどうぞ!

ACTIVE(アクティブ)登録

では早速考察に入りましょう。

持続力勝負。欧州血統に注目。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

上位人気馬が堅実に走って来ます。

特に1番人気は非常に堅実で(4・0・1・0)となっています。

極端な穴馬は全くと言っていいほど来ておらず、無理な穴狙いは禁物かもしれません。

ラップを見てみると先行争いがやや激しくなり中間で緩んで後半に息の長い末脚が必要とされる展開。

阪神の急坂を2回も超えることもありますし、5Fくらいの持続する末脚が必要となることからかなりタフなレースになると言えます。

上がり上位の馬がそのまま馬券に絡んでいることが多いのですが、これは結果として上がり上位の馬が絡んでいるということであって息の長い脚を使ってタフなレースを走り切れる馬がそのまま結果を残しているということでしょう。

血統

タフなレースになるということで注目したいのはトニービンを始めとする欧州型の血統ですね。

欧州型が走る舞台ならばステイゴールドも相性が良いですね。

ステイゴールド産駒は凱旋門賞でも度々好走していることから欧州型が走る舞台では注目したい血統となります。

そして持続力が必要という事でダンチヒも見ておいた方が良いでしょう。

阪神大賞典2019注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭ですね。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

トニービンを持ち長距離重賞で結果を残している点は強調して良い材料だと思います。

前走は一気に加速するような展開なりついて行けていませんが、5Fの持続力を必要とする流れになるならば巻き返しは濃厚でしょう。

鞍上も走りなれている舞台ですし期待十分です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

ステイゴールドにダンチヒということで好走血統に合致。

これまで長距離戦に出走歴はありませんが、息の長い末脚を使って前々から押し切るタイプなので舞台相性は良いと思います。

年齢的にも瞬発力戦では分が悪いですがこのレースのように持続力要する形になるなら一気にパフォーマンスを上げてくる可能性がます。

穴っぽいところならこの馬ではないかなと現状では見ています。

以上で阪神大賞典2019予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-