競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ホープフルステークス2018】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

ホープフルステークス2018予想考察です。

中山芝2000mで行われるGⅠホープフルステークス2018

今年はサートゥルナーリア・ニシノデイジーらが登録しています。

有馬記念も終わって締めくくり・・・といかないのが現代競馬。まだ最終日が残っており今年最後の中央競馬GⅠホープフルステークスも残っています。

有馬記念は残念な結果に終わってしまったのでここを的中させて気持ちよく来年を迎えたいです。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
編集部が身銭を切って厳選した競馬予想!【競馬最強の法則WEB】
人気予想家の推奨買い目は!?
今なら、無料登録で【馬券投資ソフトの攻略法】がもらえる!!


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

非常にタフな舞台。ラップ読みが重要。

まずは重賞へと格上げされてからの過去4年の3着以内好走馬を見てみます。

こうして好走馬を見てみるとレイデオロ以外はちょっとな・・・というメンバーでもあります。

この時期の中山2000mは荒れたタフな馬場になっており2歳馬にとってはかなり厳しい舞台。

キレ味求められる感じでもないので、ここでの好走がそのままクラシックでも・・・とはならないということでしょうか。

ラップを見てみると3・4年前が後傾ラップで1・2年前が前傾ラップとはっきり分かれています。

この違いは引っ張る馬・捲る馬がいたかどうかの差。

3・4年前は逃げ馬不在のスローペースで1・2年前ははっきりした前に行きたい馬が揃っていました。

上がり自体はさほど速くはなりませんが、それでも3・4年前はディープ産駒が勝利とそれなりに末脚が必要なレースだったことがわかります。

まずはラップとしてどうなるかの展開を考える事が重要になりそうです。

ちなみにノーザン・社台系が上位のほとんどを占めているのでここも注目しておきたいですね。

血統

上述したとおり前傾ラップならキレがある程度求められるのでディープやキンカメが合いそうなイメージを持ちます。

逆に後傾ラップなら去年の3頭がそのままだと思うのですが、全てロベルト持ちです。

2年前のレイデオロもロベルト持ち。重い血統が能力を発揮するということですね。

ホープフルステークス2018注目馬・穴馬

今年は登録段階で前走逃げた馬がキングリスティア1頭のみ。

この馬は前走後傾ラップでの逃げ切り勝ちでした。

過去に捲って好走しているのはニシノデイジーのみ。

どう考えてもスローペース濃厚だと思います。

そうなると3・4年前の後傾ラップの展開になるのではないかと現状は思っています。

日曜の中山芝を見る限りは内から数頭外が最も伸びていましたし、差し届く馬場になっていますし差し脚重視となるでしょうか。

では注目馬・穴馬ですがこの2頭に注目です。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

重賞での上がり33秒台という末脚と母父にサドラーズウェルズ系ということで、タフな馬場もしっかりと走れそうな血統背景に期待したいところです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

母系の底にトニービンを持ち、底力勝負になれば。前走で2000m戦の後傾ラップを好走している点も良いですね。

外目が伸びる馬場も良いでしょう。面白い1頭だと思います。

以上でホープフルステークス2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-