競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【ジャパンカップ2018】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

ジャパンカップ2018予想考察です。

東京芝2400mで行われるGⅠジャパンカップ2018

今年はアーモンドアイ・スワーヴリチャードらが登録していますね。

牝馬三冠馬のアーモンドアイが古馬相手にどんな競馬を見せてくれるのか。大注目の重賞となります。

先週のマイルチャンピオンシップも外国人騎手がワンツーを決めてGⅠは外国人騎手が大活躍中。

今回も有力馬に外国人騎手が騎乗しますし上位独占もあるかもしれませんね。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
作品数・会員数No.1のアニメ見放題サービス【dアニメストア】

31日間無料! 2300作品のアニメが見放題! ドコモ以外も登録可能!



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

内枠有利。立ち回り力が問われる傾向。上がり1位の馬は届かない?

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

キタサンブラック以外は全てがノーザン・社台生産馬馬となっています。

ノーザン・社台系は基本的にクラシックディスタンスで強い馬を作っている(ダービー制覇のため)のでこの距離で強いことは明白です。

今年も登録段階で10頭の馬がノーザン・社台系となっておりここから数頭が上位に入って来ることはまず間違いないでしょう。

次に位置取りと枠順を見てみると、基本的には内枠有利・立ち回り力が問われるということがわかります。

日本ダービーと同舞台で行われるわけですが、日本ダービーも内枠・立ち回り力が重要です。

同様の傾向がジャパンカップでも見られており、過去5年の勝ち馬3頭は2枠までから出ており、2枠までの馬で3勝2着2回3着2回となっています。

さらに4角5番手以内で通過した馬が4勝3着3回となっていることから、内から前々で立ち回れる馬に有利な舞台ということがわかります。

基本的には迷ったら内に入った馬を上位に評価するイメージで良いのかと思います。

上がりの脚を見てみると、上がり1位の馬は勝ち切れず2~3着のイメージ。上述した通り内・先行が勝ち切るような展開になることが多いので外を回して上り最速で駆けあがって届かずとなることが多いのでしょう。

血統

トニービンに注目したいですね。トニービンの血を持つ馬が過去を遡ると11年から昨年まで常に3着以内に1頭は好走しています。

今年も数頭が該当していますのでこの血を持つ馬が内枠に入れば評価を少し上げておきたいと思います。

ジャパンカップ2018注目馬・穴馬

今年はアーモンドアイと・スワーヴリチャードがオッズ的に2強を形成することになる事は間違いないでしょう。

ただ、アーモンドアイは後方から末脚伸ばすタイプですし、スワーヴリチャードはゲートが安定しないので位置が取れるかどうか。

特に前走4角10番手以下で10着以下の馬は過去5年で馬券に絡んだことがないので、スワーヴリチャードが巻き返すのかどうかは1つのポイントになりそうです。

では今年のジャパンカップ注目馬ですがこの2頭をピックアップしておきたいと思います。

まずはこの馬。

競馬ブログランキング

脚質転換に成功し先行して好走が続いています。

前走は先行勢に取って楽な展開ではなく、また元々強い先行馬しか残せないレースではあったのですが逃げ粘って好走しました。

これは充実期に入ってきたように思いますし、鞍上とも手が合っているようです。

トニービンの血も持っており好走血統に合致。内枠さえ取れば面白い存在になると思います。

もう1頭はこの馬。

人気ブログランキングA

前走は思った以上に走りませんでしたね。

ただ、2400前後のGⅠ・GⅡで好走するようになってからの戦績を見ると日本人騎手で凡走し外国人騎手で好走するパターンを繰り返しています。

今回は外国人騎手が騎乗するのでパターンとしては好走する形になります。

また、母父にマキャベリアンが入っているので立ち回り力問われるレースは得意とするはずです。

前走の敗戦で人気落ちするようであればここは印上位で考えたいですね。

以上でジャパンカップ2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-