競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【カペラステークス2018】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

カペラステークス2018予想考察です。

中山ダート1200mで行われるGⅢカペラステークス2018

今年はコパノキッキング・キタサンミカヅキらが登録しています。

上位人気馬がが非常に不振で波乱含みな重賞です。穴党には楽しみな重賞となりますね。

PR

─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
\初回31日間おためし無料/
【dTVチャンネル】
──────────────────────────
映画、ドラマ、アニメ、音楽・ダンス、ドキュメンタリー、趣味まで、
31の専門チャンネルが見放題!

簡単登録後すぐに、お持ちのスマホなどでお楽しみいただけます♪
★詳しくはコチラ>>>



─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めて行きましょう。

注目は距離短縮組。前走同距離組は・・・

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

1・2番人気は過去5年で1勝もしていない重賞です。

ただ、2桁人気馬もダノンレジェンド1頭の激走のみとなっており、中波乱のイメージですね。

注目したいところは前走の距離でしょうか。

前走から距離短縮組が4勝2着3回3着4回と同距離組を圧倒しています。

ただ、昨年は同距離組は上位を独占しました。

過去5年前走同距離組は4頭が馬券に絡んでいるのですが、その4頭の共通項は前走馬場が重・不良であったという点。

距離短縮組・前走同距離馬場悪化組が好走しているということは基本的に前が速くなりタフなレース展開になっているということでしょうか。

前走で1400~1600mを経験していることで1200mでタフなレースとなってもしっかりと最後まで脚を残すことが出来ているのではないかと考えます。

また、前走同距離馬場悪化組が好走する要因としては前走で時計が出るレースを経験していることで今回前掛かりのレースになっても苦しくならずに脚を残すことが出来ているのではないかと思います。

以上の点から注目したいのは前走から距離短縮してきた馬、もしくは同距離で重・不良馬場を経験している馬となります。

血統

馬場状態で好走血統がコロコロと変わるので傾向としては難しいところ。

良馬場ならサンデー系、重以上ならミスプロが比較的好走している傾向にありそうですが。

カペラステークス2018注目馬・穴馬

今年のカペラステークス注目馬はこの2頭ですね。

人気ブログランキングB

地方交流の短距離ダートの常連となってきました。

初の中山参戦になりますが、器用さのある馬なのでここは問題視しなくて良いかと思います。

外目スムーズの方が好走率はあがるかなと思いますので外目の枠を引いてほしいなと。

競馬ブログランキング

鞍上も相まって単勝はそこそこに売れそうに思いますが、連系ではそこまでいかないでしょう。

この馬も外目スムーズが好走条件。過去の戦績からも外目が良いことは明白です。

今年に入って重賞で掲示板の実績もあり、まだまだ走れるはずです。

ゲートの上手い鞍上なのでスッとポジション取れれば一発の可能性十分ですね。

以上でカペラステークス2018予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-