競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【菊花賞2018】週中予想考察。注目馬・穴馬を探す。

菊花賞2018予想考察です。

京都芝3000mで行われるGⅠ菊花賞2018。

今年はエポカドーロ・エタリオウらが登録をしています。

牝馬クラシックはみごとにアーモンドアイが三冠を達成しました。一頭だけ別次元の末脚を見せての快勝。

JCでの走りが楽しみになりましたね。

牡馬戦線はかなりの混戦模様。昨年のように大荒れ決着も想定したいところではあります。

PR

普段のネットショッピングをもっとお得に!ハピタスでお得にポイント貯めよう!

普段楽天などのネットショッピングでお買い物をしたり、旅行の時にじゃらんなどで宿泊施設を決めている方には是非ともお勧めしたいポイントサイトです。

例えば楽天でネットショッピングをする時にこのハピタスというポイントサイトを経由してお買い物をすると、楽天ポイントとは別にハピタスポイントが貯まります!

そしてこのハピタスポイントはギフト券はもちろん現金に変えてしまうことも出来てしまいます!!

普段のお買い物をもっとお得に楽しむならハピタスに登録した方が良いことは間違いないですね!!!

気になる方はこちらからご確認下さい↓↓

普段のネットショッピングをさらにお得に!賢くポイント貯めるならハピタス。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察を進めて行きましょう。

内枠と先行馬に注目。阪神2400以上の実績。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

昨年は超絶不良馬場での我慢比べのようなレースでした。

基本的には全馬初の3000m戦。淀の坂を2回も越えなければならないスタミナ問われるレースなのですが、近年はエアスピネルのようなスピード型の馬でも走れるようなスローからの上がり勝負になることもしばしば。

ただ、そういった馬が好走するのは大抵内枠・先行。血統的なスタミナの裏付けがないタイプは内でロスなく立ち回って直線勝負が必須だと思います。

菊花賞はスタートしてすぐにコーナーが来るのでここで先手争いがやや激化します。この段階で恩恵を受けるのはやはり内枠だと思います。

いかに内にうまく潜り込めるかが重要なポイントになりますね。

そして先行有利な点は4角位置取りを見れば明確。4角後方からで届いたのはレインボーラインただ1頭。基本的には先行~中団でレースが出来る馬、もしくは3角~4角の坂でポジションを押し上げることが出来る馬ということ。

ただ、これも大外を回しては苦しい結果になる。京都長距離戦でしっかりと結果を残している騎手にも注目したいですね。

ローテーションを見てみると最重要ステップとなる神戸新聞杯以外のローテから穴馬が出る事がしばしば見受けられます。

今年も条件戦上がりや別ローテからの出走馬が多数いますが、注目したいのは阪神2400以上で過去に好走した馬です。

神戸新聞杯組が好走しやすいのは能力の高い馬が揃うのはもちろんですが、かなりタフな条件である阪神2400mで走れる=底力とスタミナの裏付けと捉えて良いのかなと思っています。

別路線組なら阪神2400m戦の経験を確認しておきたいと思っています。

神戸新聞杯組ならキレ負けしたスタミナタイプの馬、じりじりと伸びたが差し脚に負けた馬が狙いかと思います。

血統

やはり長距離血統に注目ですね。

一昔前はリアルシャダイが有名なところでしたが、現状注目したいのはロベルト・サドラーズウェルズ・トニービンあたりだと思います。

ディープは基本的にに長距離もある程度こなせてしまうので評価を下げてしまう事はしなくて良いと思っています。

あとはサンデー系でも長距離で走れるようなタイプ=自身が長距離で好走した種牡馬にも注目ですね。

京都は例年よりやや時計かかる馬場なので近年のスピードに寄り気味だった菊花賞からは少し変わるかなと思いますが・・・

菊花賞2018注目馬・穴馬

最重要ステップの神戸新聞杯組のエポカドーロとエタリオウが1・2番人気になるのでしょうか。

この2頭は普通に強いと思いますが、なんせ淀の3000mという舞台。

穴馬の突っ込みに期待したいですね。

では注目馬・穴馬ですが現状ではこの2頭に注目しています。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

前走は完全にキレ負け。追い出してからの伸びを見てもじりじりと伸び続けていたので距離延長は問題ないでしょう。

最後に前をカットされていたので不利なければもう少し前との差はなかったようにも思えますね。

父にサンデーの長距離血統を持ち母側の底にはロベルト。新馬以外で上り最速を使っておらずじり脚タイプ。菊花賞の舞台に合うのではないかと思います。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

この馬は現状では除外対象なので回避馬が出てくれないと出走できないのですが、出てこれば非常に面白い穴馬となりそうです。

持続力の塊のような血統背景。前走は2600mで尚且つ重でタフな条件で見事に勝利しており、タフな条件になればなるほどおもしろいかもしれません。

もし出走が叶えば押さえておくべき穴馬だと思います。

いずれにせよ菊花賞を予想する上で枠順はかなり重要な要素を占めているので枠をみて再度考える必要はありますね。

以上で菊花賞2018予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-