競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【菊花賞2018】最終予想。本命と穴馬!!

菊花賞2018予想です。

京都芝3000mで行われるGⅠ菊花賞2018

今年はブラストワンピース・エタリオウ・エポカドーロらが上位人気を形成することになりそうです。

クラシック最終戦となる菊花賞。全馬が初の3000mの長丁場で戦います。

ここまで皐月賞・ダービーと波乱が続いていますが菊花賞も波乱の決着が待っているのか。

大注目の大一番ですね。

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速予想に入ります。

菊花賞2018本命と穴馬

皐月賞・ダービーと共に大荒れとなった今年のクラシック戦線。

大荒れになる=絶対的な軸馬がいないということを意味します。

各馬の能力が拮抗しているので展開や求められる適正の差で着順が入れ替わるということですね。

この流れから菊花賞もある程度荒れるだろうと現状では見ています。

では菊花賞ですがやはり関東騎手・関東厩舎が圧倒的に不利なデータ。

淀の坂はかなり特殊な舞台なので普段から乗りなれているかどうかは非常に重要な経験値となります。

実際に今回菊花賞で騎乗する騎手の京都2400m以上の戦績を見てみると上位は関西騎手が独占状態です。

エポカドーロに乗る戸崎騎手はまだ3着以内の経験がありませんしジェネラーレウーノの田辺騎手も3着までしか経験がないんですよね。

こう考えるとやはり関西騎手・関西厩舎から入ることが的中へ近づく条件になるのではと見ています。

そして基本的には内枠が有利と言われていますがそこまで絶対的に内枠が有利な舞台ではありません。

ただ、後方一気は決まりにくいのは事実。如何にポジションを奪うことが出来るかということになります。

では本命ですがこの馬でいこうと思います。

人気ブログランキングE

前走はスローの単騎逃げだったので展開に恵まれたように見えますが、スローの瞬発力が問われる形になったのでこの形自体はこの馬には向かないはず。

今回はアイトーンが徹底逃げを打ってくることは間違いなくスローにはならないでしょう。

ある程度の流れからの競馬になることと、見た目以上にタフな今の京都の芝。

前走以上にタフさを求められることになりそうでパフォーマンスが上がるのではないかと思います。

好位からスムーズに立ち回ることが出来れば馬券内突入のチャンスは十分にありそうです。

次に穴で注目したい馬ですがこの馬ですね。

競馬ブログランキング

もっと内枠なら重い印にしようとしていましたが、やはりこの枠自体はマイナスだと思います。

ただ、この馬も瞬発力を求められるような展開では苦しいので前走のような展開では能力を出し切れていないはず。

前走を見ても差されてから再度差し返しているように追ってじりじり伸び続けることが出来るスタミナは魅力です。

鞍上は今年に入ってしっかりと結果を残していますし、京都の長丁場の成績も悪くない。

積極的に前々からの競馬をしてほしいなと思っています。

以下、相手候補にエタリオウ・ユーキャンスマイル

△候補にブラストワンピース・ジェネラーレウーノ・アフリカンゴールド・エポカドーロ・グレイル・グロンディオーズと広めにしておきたいと思います。

以上で菊花賞2018予想を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-競馬予想重賞
-