競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【マイルチャンピオンシップ2018】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

マイルチャンピオンシップ2018予想考察です。

京都芝1600mで行われるGⅠマイルチャンピオンシップ2018

今年はモズアスコット・アエロリットらが登録しています。

先週日曜に続いての京都で行われるGⅠとなりますが、日曜京都は外国人騎手が大活躍でした。

最終レース以外は全て外国人騎手が勝利!あまりここまで偏ることはないのですが・・・やはり馬質の違いもあるでしょうか。

マイルチャンピオンシップ当日も有力外国人騎手が揃いますし同じようなことがまた起きるかもしれませんね。

PR

TSUTAYAの動画配信サービス「TSUTAYA TV」
★┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓★
★┃初┃回┃入┃会┃30┃日┃間┃無┃料┃お┃試┃し┃!┃!┃★
★┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛★
□動画配信サービスの動画見放題プランで、新作・準新作を除く対象作品約8,000タイトルが見放題のサービスです。
□1,080円分相当が視聴できる動画ポイントつき!
※ご登録時はクレジットカード決済のみとなっております。
※無料お試し期間終了後、通常月額料金の933円(税抜)に自動更新となります。
※動画ポイントは入会翌日の正午まで、契約更新当日の正午までに付与され、有効期限はポイント付与から45日間です。


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では考察を進めて行きましょう。

富士ステークス・スワンステークス組が中心。好走データは?

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

基本的には富士ステークス組とスワンステークス組が中心。

過去5年で見ても馬券内の半分以上は同組が占めていることになります。

今年も富士ステークス・スワンステークスを経由した馬が11頭登録していますね。

ここに前走GⅠ・GⅡで好走したもしくは上位人気に支持されていた馬が加わってくるイメージで良いでしょうか。

では、ここ2年で勝ち馬含め連対馬3頭を出している富士ステークス組を見ていきたいと思います。

富士ステークスで上がり上位の脚を使っていた馬は軒並み凡走しています。

これは位置取りも関係していると思いますが、富士ステークスで後方待機から上がり2位以内の脚を使っていた馬は全く馬券に絡めていません。

4角5~6番手までにつけて尚且つ上がり3位以下のじりじり伸び続けるような脚を使っていた馬に注目です。

さらに前走で2番人気以内に支持されていると高確率で馬券に絡んでいるデータがあります。

今年も該当馬がいますので注目しておきたい傾向になりますね。

続いてスワンステークス組です。

スワンステークスを経由してきた馬は過去5年で勝ち馬なしですが、3頭の2着馬を出しています。

ここは富士ステークスとは逆の傾向で上がり1位の脚を使っていた馬の好走率が非常に高いですね。

前走中団から後方に待機して尚且つ上がり1位の脚を使っていた馬が勝ち切れないまでも馬券に絡んできているイメージです。

スワンステークス組は前走で馬券に絡んでおり尚且つ上位人気に支持されている馬しか馬券に絡んでいないので、前走で上がり1位の脚を使っていた上位人気尚且つ上位入線組に注目することになると思います。

血統

サンデー系が猛威を振るっています。

昨年は1・2着馬が非サンデー系ですが母父にはサンデーサイレンス。サンデーの血を全く持たないのは怪物モーリスのみ。

基本的には父サンデー系もしく母父にサンデーサイレンスを持つのが好走への条件でしょうか。

その中でもディープ産駒は注目しておくべきですね。

毎年1頭以上は3着以内に顔を出していますし、先週の土日でもある程度結果を残しています。

今年も数頭が登録していますのでここから3着以内馬が1頭は出てくるかもしれませんね。

マイルチャンピオンシップ2018注目馬・穴馬

アエロリットとモズアスコットは鞍上的に考えても過剰に人気することは間違いないでしょう。

ただ、アエロリットは牝馬の同重賞好走実績がないことや展開が向いたこと、血統的にもマイナスですし軸として据えるにはいまいちな印象です。

モズアスコットも勝ち馬出てないスワンステークス経由。58キロを背負っていたとしてもロードクエストに差し負けして上がり0.3秒差つけられたのはどうかなと思います。

では、注目馬・穴馬ですがこの2頭をピックアップ。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

前走好時計で走破。この重賞経由の馬は好走率かなり高いですし、考察で触れた条件を全て満たしています。

それでいて、単勝15倍前後が想定されているのであればここは積極的に買いたい1頭になりそうです。

京都1600mの好走実績・重賞実績もあります。極端な枠をひかなければ面白い存在になるはず。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走は完全に内枠有利な前残りの展開の中、猛然と差して2着を確保。内容としてはなかなかの競馬でした。

出遅れ癖のあった本馬がまずまずのゲートをこなしたことも好材料ですね。

この馬の種牡馬産駒は距離短縮時の方が好走率があがり、尚且つ1600mでの好走率が抜群。

今回マイルで距離短縮時はかなりの高確率で馬券に絡んで来ているのも良いですね。

脚質的に勝ち切れるのかは微妙なところではあるのですが連複としては注目したい1頭です。

以上でマイルチャンピオンシップ2018予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-