競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【日経賞2019】週中予想考察。注目馬・穴馬・好走条件は?

日経賞2019週中予想考察です。

中山芝2500mで行われるGⅡ日経賞2019。

今年はエタリオウ・クリンチャーあたりが人気の中心になりそうです。

春の天皇賞へ向けての大事な前哨戦となる日経賞ですが、今年はここから春に大きな飛躍を遂げる馬が出て来るかどうか。

注目の集まる前哨戦となります。

PR

競馬予想情報サイト ACTIVE(アクティブ)

今日は競馬情報予想サイトACTIVE(アクティブ)のご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

週中から週末の出走馬の情報を得ておられており、注目馬をピックアップされています。

登録だけなら無料なので、まずは無料情報の充実度を実感いただければと思います。

登録はこちらからどうぞ!

ACTIVE(アクティブ)登録

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

欧州型の血統に注目。字面以上に重たいタフなレースになることも。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

勝ち馬こそ5番人気以内から出ているものの上位人気馬は非常に不安定な戦績。

1番人気(1・1・0・3)2番人気(1・0・0・4)となっています。

6~10番人気で6頭も馬券に絡んでいることから中波乱まであるイメージですね。

このレースは昨年こそ昇級初戦組がワンツーをとりましたが、それまではGⅡ・GⅠ組が連対圏の全てを占めており非常に格が重要となるレース。

前走GⅠ組なら10着以下でも馬券に絡んでおりレースの格がモノを言うレースです。

距離別に見ると2400~2500m戦からの臨戦が好相性。

ラップを見てみると中山2500mのイメージ程に持続力問われる展開にはなっていない。

上がり33秒台の決着が2回、34秒ジャストで1回と過去5年で速い上がり勝負となっているレースが3回もあります。

そして全てのレースで後傾ラップとなっています。

前半ゆったりと入っての後半勝負な点には変わりないのですが、引っ張る馬がいるかどうかで3F勝負になるか5F勝負になるかと別れている印象。

今年はメンバーを見渡しても逃げ馬グランアルマダくらい。

この馬を捕らえるために上位馬がどこで動くかがポイントになりそうですが、無理に勝ちに行く必要が無い馬が上位人気になりそう。

ある程度の上りが求められるレースになるかもしれません。

血統

トニービンを始めとする欧州型の血統を持つ馬の好走が目立ちます。

上がりが速い決着になっても変わらず毎年1頭以上は馬券に絡んで来るので欧州型の血統を持つ馬は評価を上げておく必要があるでしょう。

日経賞2019注目馬・穴馬

エタリオウが抜けた人気になると思います。

ここ2戦上がりの競馬での好走なので上がりかかる展開になるとどうかとも思いますが、無難にまとめてくるでしょうか。

ただ勝ち切れるイメージがなんとも沸きにくい・・・

では現状で注目している馬はこの2頭です。

まずはこの馬。

人気ブログランキングB

父ハーツクライに母父ストームキャットとなっており、ウインバリアシオンと非常に似た血統背景を持っています。(ウインバリアシオンは母父がストームバード)

ダービーでは0.4秒差で走っており世代上位の能力を持っていることに間違いはないでしょう。

立て直しての今年初戦となりますが、ハーツクライ産駒の成長力にも期待したいところです。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

父サドラーズウェルズ系であり母系にはニジンスキー・ロベルトを持っています。

はっきりと持続力型の血統背景であり欧州型の血統が走るような舞台でこその血統だと思います。

非根幹距離での好走率が非常に高い点にも注目したいところ。

舞台適正は高いように思いますのでパフォーマンス上がってくるの思いますので穴として買いたいですね。

以上で日経賞2019予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想