競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【日経新春杯2019】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

日経新春杯2019予想考察です。

京都芝2400mで行われるGⅡ日経新春杯2019

今年はムイトオブリガード・メイショウテッコンあたりが人気の中心になるでしょうか。

ここで好走して今年の中長距離戦線を賑わす馬はどの馬になるか。注目のレースですね。

今年の競馬初めの重賞は全て完敗。平場はまずまずでしたが重賞がダメでしたので今週しっかり考察して巻き返したいです。

PR

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
人気予想家の推奨買い目は!?  【競馬最強の法則WEB】
今なら、無料登録で【馬王Z】の自動運転攻略法がもらえる!!


スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

中心は4歳馬。4歳馬の絶対条件とは・・・

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

はっきりと4歳馬が優勢。

過去5年で4勝していますが、昨年は4歳馬の出走自体が無かったので実質的には出走してこれば勝っていることになります。

今年は例年以上のハイレベル4歳世代。東西金杯でも活躍していましたし、ここも4歳馬にまずは注目となりますね。

その4歳馬ですがある条件に合致すると(4・1・0・1)と驚異的な数値を残しておりこれは逆らう必要はなさそう。

その条件はこちらで掲載中なのでご確認ください

競馬ブログランキング

4歳馬が圧倒していますが当然ながらに5歳以上の馬も馬券内に絡んで来ています。

7歳以上の好走は過去5年ではなく、5~6歳馬が(1・3・5・23)という成績となります。

ここを紐解いてみると関西厩舎所属の馬が(1・3・4・16)、関東厩舎所属の馬が(0・0・1・7)となっており関西厩舎が断然の数値を残しています。

ちなみに4歳好走馬の全ては関西厩舎所属です。

関東厩舎所属で唯一の3着は前走重賞3着で今回も4番人気と上位に支持され尚且つ外国人騎手が騎乗していた馬でした。

基本的には関西厩舎所属の馬を狙うことになります。

時計的な面から見てみると、京都芝は時計のかかる条件設定となっておりタフな馬場となっています。

上がり勝負にはまずならないと思いますし、持続力問われる形になるでしょう。

パワー問われる条件になるのでダート的な馬力も好走の要素に組み込めそうで、昨年のガンコはダートで実績のある馬でした。

穴を開けるのはこういうタイプの馬だと思いますのでダート実績のある人気薄には注意したいですね。

血統

やや重い馬場で走るサンデー系となるステイゴールドやマンハッタンカフェは合うでしょう。

馬力あるキンカメやダート血統保持馬にも注目したいですね。

前述しましたがダート的な要素を持つ馬の穴好走があるのでダート血統には特に注目しておきたいです。

日経新春杯2019注目馬

現状ではこの馬を中心視。

人気ブログランキングA

前走は消極的な競馬になった上に長距離戦とは思えない上り勝負。この馬には全く向かない展開と位置取りでしたのでノーカウントで良いでしょう。

2400m戦は2戦2勝ですし、タフな馬場設定でも全く苦にならない。

血統背景的にも合うと思いますのでここは極端な外枠でも引かない限りは重い印をうつと思います。

以上で日経新春杯2019予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-