競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【天皇賞秋2018】週中予想考察。注目馬・穴馬は?

天皇賞秋2018予想考察です。

東京芝2000mで行われるGⅠ天皇賞秋2018

今年はスワーヴリチャード・レイデオロらが登録しています。

さて菊花賞ですが思っていた以上のスローで流れていました。最後の上りは菊花賞とは思えないタイム。

長距離適正は問われないレースでしたね。先行勢が距離を考えるあまりに押さえすぎたのが要因でしょう。

騎手はあらためて大事だなと考えさせられたレースでした。

では、天皇賞秋です。秋古馬中距離GⅠ戦線の初戦となるレース。JCを目指してここから始動する有力馬やひと叩きしてここを目指して来た馬がぶつかります。

昨年は大本線で的中しましたので今年もしっかり考察して的中へ近づけていいきたいと思います。

PR

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
大川慶次郎~競馬の神様と女神のパーフェクト馬券メソッド~
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
「競馬の神様の伝説」が既に風化しているか心配ですか?

時代が変われど競馬の予想の本質は「勝つ馬を見極める」です。
馬の血統が世代交代しようと、騎手の大半が年月が経ち入れ替わろうとも本質は同様です。
そして勝つ馬の情報通りに投票する、それだけが競馬で勝つ最短経路です。

言うのは簡単ですが、本物を見極めるのは非常に困難です。

それが『大川慶次郎』という競馬歴が長い競馬ファンなら
100人中100人が知っている「日本一の競馬予想家兼評論家」であり、
全盛期には「大川慶次郎の予想でオッズが変動する」のは当然であり、
現在の全ての競馬新聞・競馬雑誌・競馬放送を合算しても影響力では敵わないであろうほどの
競馬の歴史上に記録される大人物です。

その大川慶次郎の予想方法を引き継ぐという「由緒正しい正統性』を保持しているのが
こちらの競馬情報サイトです。多数の競馬情報サイトを検証して来た中でも名前だけではなく、
その無料情報の精度から段違いの結果を誇った情報サイトです。



スポンサーリンク

記事下アドセンス


それでは考察を進めて行きましょう。

上がり最速馬と先行馬。若駒優位な舞台。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

昨年は超絶不良馬場。昨年の結果はデータとして扱わない方が良いでしょう。

ただ、昨年込みで共通しているのは上がり1位の馬が必ず馬券に絡んでいるという点ですね。

正確に言うと過去5年では必ず連対しているということになります。

基本的には上がり上位の馬と先行馬の組み合わせで決着することがほとんどです。

先行して残している馬の共通項は人気馬であるということでしょうか。

上位人気に支持されるような先行馬と後方から末脚をグイグイ伸ばしてくる上がり上位の馬で上位を形成しています。

後方から上がり上位の末脚で馬券に絡んでいる馬は大半が社台・ノーザン系生産馬で尚且つ5歳までの若駒。

速い上がりを求められる=加速と瞬発力が必要なので相対的に若駒に有利となっているのでしょう。

そして直線長い舞台で速い上がりや末脚をとなるなら社台・ノーザン系の馬が強い。

今年もこの傾向は続くだろうと見ていますが・・・

血統

単純にディープ産駒を含めた速い上がりを出せる1級サンデー系とキンカメ産駒に注目ですね。

キタサンブラックやモーリスは格が違うので除外するとして、ほぼキレるサンデーとキンカメで決まっています。

天皇賞秋2018注目馬・穴馬

スワーヴリチャードが断然の1番人気でしょう。

今年はやや低調なメンバー構成。秋初戦と言ってもさすがにこのメンバーで馬券外になることは考えにくい。

問題はレイデオロでしょうか。

1週前追い切りでのアクシデントがどうでるか。鞍上は目下絶好調のルメール騎手ですが果たして・・・

まずは最終追い切りに注目しておきたいですね。

ではこの2頭を除いた注目馬・穴馬です。

現状ではこの2頭に注目しています。

まずはこの馬ですね。

人気ブログランキングA

今年は逃げ先行勢がかなり手薄な組み合わせ。ここ数戦の内容からはおそらくこの馬がレースを作る形になるのではないかと思っています。

速い上がりが使えるタイプではありませんが、加速してからのスピードの持続力がありますし、前々から残し切る馬と考えるならこの馬が1番手だと思います。

先週の競馬を見ている限りは鞍上も東京でよく乗れていましたのでここは注目しておきたいですね。

もう1頭はこの馬でしょうか。

競馬ブログランキング

2走前にはディアドラに先着しています。

持続力勝負よりは瞬発力戦のほうが向いている馬だと思っていますので東京の舞台は合うでしょう。

好位から競馬が出来る点も魅力的ですし、好位からしっかりと末を伸ばせばチャンスは十分にあるはず。

鞍上は同馬主の馬で京都大賞典で結果を残せなかったのでここは気合も入るでしょう。

勝ち切れないまでも3着以内なら・・・と思っています。

以上で天皇賞秋2018予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-