競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【東京新聞杯2019】週中予想考察。注目馬・穴馬や好走条件は?

東京新聞杯2019予想考察です。

東京競馬場芝1600mで行われるGⅢ東京新聞杯2019。

今年はレイエンダ・インディチャンプあたりが人気の中心になりそうな登録メンバーとなっています。

ここから今年のマイル~中距離戦線を賑わしてくれる馬が出て来るのかどうか。

注目の集まる重賞となりますね。

先週は3重賞全て完敗でしたので、今週は巻き返したいところでもあります。

PR

◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆
競馬サイトが多数乱立するなか・・・
本物の予想・本物の情報筋・本物の的中に最も信頼を寄せられる競馬界歴代最高峰の人物とは?

その人物とは故「大川慶次郎」氏です。

「競馬の神様」とも呼ばれ1日12レースのパーフェクト的中は伝説です。



◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

スポンサーリンク

記事下アドセンス


では早速考察に入りましょう。

加速力勝負。狙いはノーザン系と若駒。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。


1・2番人気の勝ち鞍どころか連対もなく厳寒期の仕上げの難しさを感じます。

東京新聞杯は基本的に3F]の末脚勝負、加速力が問われるレースになりがちです。

特にここ2年は顕著になっています。

結果として加速力問われる=若駒有利ということで4歳勢が上位を独占する結果となりました。

また、そうなるとノーザン系の馬が有利なことは明白で、ここ2年はノーザン・社台系の馬が上位を独占していますね。

今年の登録メンバーをザっと見てみたところ逃げ馬不在の組み合わせで、前走先行して掲示板に残った馬もいません。

おそらく今年もスローからの末脚勝負。加速力が問われるレースになるだろうと現状では見ています。

枠順にも注目で外枠は圧倒的に不利なデータが出ています。

4枠までに入った内の馬から買いたいレースとなりますね。

血統

ディープ産駒が毎年のように好走しています。ただ、人気のない人気薄のディープ産駒が好走しているイメージです。

あとは欧州型の血統、ニジンスキーやダンシングブレーヴといったところでしょうか。

特にダンシングブレーヴは度々穴を開けており注目したい血統です。

東京新聞杯2019注目馬・穴馬

現状で注目したいのはこの2頭ですね。

まずはこの馬。

人気ブログランキングA

前走で3Fの末脚加速力勝負を楽勝で勝利しています。

加速力勝負に分がある若駒4歳馬でノーザンファーム生産馬。

このメンバーに入っても末脚の威力は上位ですし極端な枠を引かなければというところ。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

前走と3走前は持続力を要する展開になって敗戦。

2走前と4走前は東京マイル戦で加速力勝負を制しています。

つまりは加速力勝負になることが好走スポットとなっている馬になりますね。

この馬は血統背景も良くディープ産駒で母側にダンシングブレーヴを持っており、好走血統に完全に合致。

人気もあまり無さそうで人気薄のディープ産駒という点からも面白いですね。

この馬もノーザンファーム生産馬ですので条件的には全てが当てはまります。

加速力問われる形になれば一発あるかもしれません。

以上で東京新聞杯2019予想考察を終わります。

 

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-