競馬とネットビジネスを楽しむためのブログ

競馬予想と分析。ネットビジネスにも取り組んで生きてみる~Natsuki Web ライティング~

【弥生賞2019】週中予想考察。注目馬・穴馬・好走条件は?

弥生賞2019予想考察です。

中山芝2000mで行われるGⅡ弥生賞2019。

今年はニシノデイジー・ラストドラフトあたりが人気の中心になりそうです。

皐月賞へ向けた重要なトライアル戦。

ここから皐月賞馬が出て来るかどうか、注目が集まる重賞となりますね。

PR

競馬予想情報サイト ACTIVE(アクティブ)

今日は競馬情報予想サイトACTIVE(アクティブ)のご紹介です。

有料情報の的中率はもちろんながらに注目したいのは無料情報の充実さ。

週中から週末の出走馬の情報を得ておられており、注目馬をピックアップされています。

登録だけなら無料なので、まずは無料情報の充実度を実感いただければと思います。

登録はこちらからどうぞ!

ACTIVE(アクティブ)登録

スポンサーリンク

記事下アドセンス

では早速考察を進めて行きましょう。

実績と上がりの脚が重要。穴は短距離血統。

まずは過去5年の3着以内好走馬を見てみます。

1・2番人気馬はかなり堅実に結果を残しています。

1番人気(3・1・0・1)2番人気(2・1・1・0)となっており、勝ち馬は1・2番人気から出ています。

堅軸として信頼できる好走率だと思います。

上がりの脚も非常に重要。

上がり最速馬が必ず馬券に絡んでいるように、馬券内のほとんどが上がり3位までの馬になっています。

特に前走重賞で上がり最速だった馬は複勝率100%となっており、今年も該当馬がいますので注目の傾向です。

ラップ傾向としては基本的に上がり勝負。

弥生賞はトライアル戦ということもあってペースはあまりあがらないことが多い。

結果的に末脚勝負になるということですね。

こういったペースで流れるのでマイルでの実績馬が好結果を残していることには注目しておいた方が良いでしょう。

2000m戦にこだわったローテを組んでいる馬はやや危険な傾向にあります。

所属別に見てみると関西勢が圧倒しているのですが、このあたりは天栄の影響がどんどん出て来ると思いますので傾向は変わって来ると思います。

天栄で調整されている関東馬が過去のデータで嫌われるようなことがあれば逆に美味しい馬券になるかもしれませんね。

実績としては過去5年で見ると2勝馬もしくは重賞連対馬しか3着以内に来ていません。

未勝利上がりや新馬の勢いのままに・・・は通用しないと見て良いでしょう。

血統

短距離血統を持つ馬が度々穴をあけています。

近年だとマイスタイル(フォーティナイナー系)、ワンアンドオンリー(タイキシャトル)あたりですね。

タガノエスプレッソも半兄がタガノトネールと短距離ダート馬です。

ダンチヒ系もスピードの持続力に優れた血統。欧州マイルの最強血統の一つでもあるので合います。

注目しておきたい傾向ですね。

弥生賞2019注目馬・穴馬

はっきりと買い要素が満載だったクリノガウディーがスライド濃厚。

そこそこの人気で買える感じだったので妙味ありだったのですが・・・

では改めて他の馬で現状注目しているのはこの2頭ですね。

人気ブログランキングB

上位人気の中では堅軸だと思っています。

前走重賞で上り最速、母系は短距離血統を持ち1800m以下での実績もあります。

おそらく1番人気にはならないと思いますので今のところ本命を打つ予定です。

もう1頭はこの馬。

競馬ブログランキング

1勝馬なので過去の傾向からは厳しいと思いますが、今年は正直なところメンバーは手薄な印象。

チャンスとしては十分にあるのではないかと見ています。

中山2000m重賞で実績のある血統背景ですし、前走は今回上位人気するサトノラディウスと0.3差。

それでいてオッズ的にはかなりの差がつくようなのでそれならば面白いですね。

鞍上が変わりもう1列前で動くならば本馬の粘りが活きるかもしれません。

ひと雨きて渋るようならさらにチャンスが広がりそう。

以上で弥生賞2019予想考察を終わります。

主に競馬に関しては

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村 競馬ブログへ にほんブログ村

ネットビジネスやアフィリエイトに関してはFC2ブログランキングに登録しています。

どちらにも応援クリックをいただけると、とても嬉しいです。よろしくお願いします。

Twitterもぼちぼちやってます。

-重賞展望予想
-